2005年11月24日

歌が上手くなるレッスン2−1

高い声を出せるようになろう【地声編】
まず、歌が上手くなりたいと思ってこのブログを読んでいる人の60%の目的はここではないでしょうか?
高い声を出すことは難しいことです。ただし、低い声を出そうとすることはもっと難しいことです。

最近のJ-POPは音の幅が広くなってしまっている為、カラオケのキーコントローラーでキーを下げても高音部は出るようになったが、低音部は出なくなった、なんてよくある話です。よって高音域を広げることはカラオケ上達には必須項目となりました。
では高音域を広げましょう。方法は簡単ひらめき
力を抜くことです☆

楽器がある人は試してみてください。高い声が出ないという人の高音域の限界はミ〜ソ#くらいではないでしょうか?(男の場合)
僕は昔(高校一年生の頃あせあせ(飛び散る汗))最高音域はミでしたが、今はラ〜シ位は出るようになりました(例を挙げるとCHEMISTRYの『君をさがしてた』で出ない音がなくなりましたグッド(上向き矢印)
歌えるようになった要因として歌いこんだ事(下手なのが悔しかったのであせあせ(飛び散る汗))もありますが力が上手く抜けてきた事も大きな要因でした。
よって、力を抜いていきましょうるんるん・・・っと言ってもたいていの人は力を抜くことが難しいので次回は力の抜き方についてレクチャーします。

〈広告〉ブログで稼ごうとしている方は必見です。1クリックにつき20円のサイトるんるん


※注意
PCからは広告サイトの親元へ、携帯電話からは広告サイトへ飛びます。ご注意ください。
posted by ネットシンガー at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ボイストレーニング戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

歌が上手くなるレッスン1−2

歌の解釈は難しそうでかなり簡単、そして自由です。なんでもOK。
自分で曲を聴いて感じたことをドラマ仕立てに表現することが大切です。例を挙げて説明しましょう。
最近の大ヒット作『青春アミーゴ』
を例にあげましょう。
これはかなりわかりやすいと思います。しかもイメージが固まりやすいひらめき昔の親友からの電話にあせり戸惑い、親友を助けに行くという簡単なストーリーです。
ではこの結末ってどうなんでしょう?『野ブタをプロデュース』をご覧の人はわかりやすいと思いますが、『あきら』(助けて欲しかった方)って助かったんでしょうか?
これに正解はありません。
実は助かったかもしれないし、助からなかったかもしれないし、二人が出会ったところでドラマは終わってたのかもしれません。
これは自由に解釈してもいいところだと思います。
年末この曲をカラオケで歌う人が非常に多いと思いますが、何も考えず音符の通りに歌うのと情景を浮かべながら歌うのでは雲仙の差がつきますので、
気をつけろ!!
今年こそは彼女をゲットしたい人のためにもっとドラマティックなナンバーで紹介しましょう。
AUのCMで盛り上がっているEXILEの新曲
『ただ...逢いたくて』。

僕は”すごく愛し合っていた彼女が交通事故で突然死んでしまったバッド(下向き矢印)。”と勝手に解釈しています。
これってすごく重要です。彼女を失った悲しみの場面を勝手に想像しながら聞くと涙がにじみました。
→つまり、勝手に想像しながら歌うと聞き手に感動が伝わるということです。
これホント。
音楽番組で歌手の手が動いたりゆれたりしているのは歌だけでは表現仕切れない感情でもあります。(音程をとろうとするということでもありますが・・・あせあせ(飛び散る汗)
忘年会まであまり時間もないので心についてはこのくらいにして、次回は技術的なところについて、お話しましょう。
→続く

〈広告〉ブログで稼ごうとしている方は必見です。1クリックにつき20円のサイトるんるん


※注意
PCからは広告サイトの親元へ、携帯電話からは広告サイトへ飛びます。ご注意ください。
posted by ネットシンガー at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ボイストレーニング戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

歌が上手くなるレッスン1−1

こんにちは☆
それでは早速レッスン1に向かいたいと思います猫
深夜に放送されているテレビ番組『歌スタ』をご覧になったことありますでしょうか?
アマチュアのシンガーがプロの作曲家に曲(オリジナルではなくコピー、しかもカラオケです)を聴いてもらい、シンガーが作曲家に気に入ってもらうことで曲を書いてもらい、レーベルに挑戦するという、音楽バラエティです。
ここで合格するかどうか(気に入ってもらえるかどうか)、それは作曲家の皆さんがおっしゃるに歌の解釈が出来ているかどうかが、大きな差になっているようです。最近、カラオケの普及で歌が上手い人口が増加し歌が上手いのはあたりまえになりました。よって、プロとしてやっていくシンガーにとって歌が上手いのはあたりまえなようです。
そこでレッスン1は歌の心についてお話します。
またか!
っと思われた方、多いと思います。
ただ、技術から入って心を学ぶことよりも、
心から入って技術を身に付けるほうが断然歌が上手くなります。
これは前述の『歌スタ』にも共通していると思います。
よって歌を上手く歌うためにはまず曲を解釈するところから始めます。
これを読んで面倒くささを感じた人は
レッスン2に飛んでみてください。

〈広告〉ブログで稼ごうとしている方は必見です。1クリックにつき20円のサイトるんるん


※注意
PCからは広告サイトの親元へ、携帯電話からは広告サイトへ飛びます。ご注意ください。
posted by ネットシンガー at 16:38| Comment(1) | TrackBack(0) | ボイストレーニング戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

歌が上手くなるレッスン0

さぁ、もうすぐ忘年会、新年会のシーズンになってきました。
各種の宴会や二次会において、カラオケはほぼ必須コースになってますネ☆
カラオケで上手く歌えたらなぁ・・・って思っている会社にお勤めのお父さん、
お兄さん。今年こそはカップルで過ごしたいと思っている学生さん等など・・・
歌が上手くなりたいと思う人に読んで頂けたらなぁと思います。
ただし、僕は本格的なボイストレーナーでも、百戦錬磨のプロでも何でもないため、一素人の助言に過ぎません。今まで必死で練習したけれどうまくならなかった人もこれを入門偏として取り組んでいただき上達していただければと思います。それでは早速レッスン1に向かいましょう。

〈広告〉ブログで稼ごうとしている方は必見です。1クリックにつき20円のサイトるんるん


※注意
PCからは広告サイトの親元へ、携帯電話からは広告サイトへ飛びます。ご注意ください。

posted by ネットシンガー at 16:30| Comment(0) | TrackBack(1) | ボイストレーニング戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。