2005年12月14日

歌の上手くなる レッスンAnother One-2

Another 曲を理解する
ではでは続き行きます☆

この曲には変調がありますねグッド(上向き矢印)これはおいしいぴかぴか(新しい)変調があると曲が勝手に盛り上がってくれますよね揺れるハートここで変調後(最後の SI から始まる歌詞の部分から音が高くなります)の音が高い方は迷わず音を下げましょうるんるん最後のサビでせっかく曲が盛り上がっているのに歌っている本人が弱ってしまっては聞く側もがっかりですバッド(下向き矢印)高い方はキーコントローラーで1つ、または2つ(2つが曲の雰囲気を崩さない為にもこれが限界のキーですたらーっ(汗))下げましょうグッド(上向き矢印)もちろんオリジナルの高さがBESTですひらめき

よく言われることですがこの理由は結構、書かれていませんあせあせ(飛び散る汗)この理由とは・・・
これは曲のアレンジにあります。(ここからはややっこしいので深く突っ込まなくて結構です。これで終了るんるん

たとえばギター(ピアノ等なんでも決定)のCのコードパスワードこれはド・ミ・ソで構成されるのですが根音(ルートまたはベース音)がドであることは変わりませんがあとはド・ミ・ソでもミ・ソ・ドでもソ・ド・ミでもいいことになっていますぴかぴか(新しい)
つまり、これが雰囲気です位置情報
キーをあげすぎると全部の音が高くなってしまって、ギターで言うところの5カポで弾くような現象が起こります(ローコードでFを弾くのと5カポでCを弾くのでは同じFですが違う雰囲気になる、この現象です。伝わったかなぁexclamation&question
ほかに肉声のコーラスがえらいことになるのもひとつの理由でしょうるんるん
次回に続きますひらめき

posted by ネットシンガー at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ボイストレーニング戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10653116

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。