2005年12月02日

歌が上手くなるレッスン5−2

グッド(上向き矢印)こんにちは☆
『ビブラート』と『ノンビブラート』について解説します。
まず、いつも通り遠回りしましょうグッド(上向き矢印)(遠回りしてみると見えないものも見えてくるものですわーい(嬉しい顔)
平井堅さんの『歌バカ』が大ヒットしているようですねグッド(上向き矢印)
ところで平井堅さんといえば『瞳を閉じて』、『Life is...』『センチメンタル』なんか僕は好きなんですが、カラオケで歌ったところで平井堅らしさといいますか、雰囲気がなかなか出ない事ってよくありますよねあせあせ(飛び散る汗)

これは『平井堅 節』が原因ですぴかぴか(新しい)

『平井堅 節』とは専門用語で『白玉』だそうですネひらめき
つまり2部〜全音符です。平井堅さんはロングトーンで歌う際、音程が変化しない(ピッチ一定)。つまりノンビブラートが使用されているということです。これは『ビブラートはかければよい』という間違いに気付くイイ例です。ビブラートは適度にを使いましょう。

遠回りすぎたので本題は次回であせあせ(飛び散る汗)(ごめんなさいふらふらテスト前で時間が無いんですバッド(下向き矢印)
posted by ネットシンガー at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ボイストレーニング戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。