2005年12月01日

歌が上手くなるレッスン5−1

 技術的な部分の向上【ビブラート編】

今回までに発声、音程、安定感、心について解説してきました。基本的なところは大体固まったかな?と思います(付け焼刃で出来る範囲でですが・・・)。
今までのレッスンで物足りなかった人、このレッスンで基本的なところが固まった人の為に歌の技術的なところに手を伸ばそうと思いますわーい(嬉しい顔)
サイバーDAMの『精密採点』でも採点されるようになった
みんな大好きビブラートexclamation

ですぴかぴか(新しい)
と言ったものの本当にビブラートって必要なんでしょうか?答えはたぶんNOですひらめきビブラートはあくまで表現方法なので、多用する事は感心しません。あくまで味付け程度です。(また、全部ビブラートだとユラユラして歌として安定しません)。
逆にビブラート無しで(ノンビブラートで)歌うのっどうでしょう?実はこれは非常に難しいんです
普通、逆を想像しますよね?実はノンビブラートの方がビブラートをかけるより圧倒的に難しいんです。
次回はビブラートとノンビブラートについてお話しますグッド(上向き矢印)
posted by ネットシンガー at 05:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ボイストレーニング戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。